2017年10月02日

10月は久留米の花音花夢さんでふたり展とコンサート!

10月20日〜22日は久留米市「花音花夢(かのんかむ)」さんで展示とピアノコンサートさせていただきます。
花音花夢さんのあたたかい木の空間に座りお話をしていると私はとても元気をもらいます。自然や人を近くに感じられるとてもステキな場所です。イベントが楽しみです。いい展示と空間演出にしたいです。
共演はやさしくてステキな重松さんご夫妻♪

展示はグラフィックデザイナー重松日香里さんの描く色鉛筆画との二人展を3日間開催します。私は新作の洋服や布小物、布オブジェを持って行きます。日香里さんの描く繊細で優しい色鉛筆画もぜひ楽しみにしていてください。

展示の最終日はピアノコンサートがあり、ピアニスト重松壮一郎さんの演奏と共に空間を演出をします。私は新しい演出を考えています。
花音花夢さんの空間にはとても大切にされている、かわいらしいクラッシックなピアノがあります。以前重松さんが少し弾いたことがあるのですが、それはそれは美しい優しい響きでした。コンサートがとても楽しみです。コンサートはご予約受付中です。ぜひお越しください♪

「めぐる時の色」
重松日香里 椎原由紀子 作品展
10月20日(金)〜22日(日)
展示時間 11:00〜18:00


重松壮一郎ピアノコンサート
椎原由紀子布オブジェの空間演出
「音と布がつむぐみらい」
10月22日(日)
開演 14:00 終演予定16:00
料金 2800円(ドリンク付)

コンサートの詳細
http://www.livingthings.org/schedule/2017/171022_kanonkamu.html

コンサートのご予約・お問い合わせ
0942-50-5565
花音花夢

花音花夢
福岡県久留米市山本町1041-2
営業時間11:00〜18:00
通常営業日 毎週水曜〜土曜
http://www.kanonkamu.com

花音花夢展示.jpg

花音花夢ライブ.jpg
posted by ゆきこ at 10:26| Comment(0) | 日記

collageありがとうございました!

花屋ハルさんの企画展「collage」終了いたしました。
ご来店ありがとうございました!

とてもかわいい花屋ハルさん♪
IMG_3646.jpg
期間中、偶然前を車で通りかかって、お越しくださったお客さまもいました。
私もハルさんがオープンした時はどんな花屋さんだろう?ってとてもワクワクしました。
そんなハルさんの空間で展示させていただけるのは、とても感慨深いです。

IMG_3627.jpg

作品たち、たくさんの方の元へ旅立って行きました。ありがとうございます!
IMG_3653.jpg

tamada145さんのアクセサリーが美しかった。
ひとつひとつの完成度が高くて、ステキなんです。すべてに名前がついていて、それを読んで行くのもワクワクします。
IMG_3633.jpg
マグカップもクスッと笑えるものも。楽しいです!
IMG_3644.jpg

今回参加の「はなれ古舎」さん
木工作品。ナチュラルでステキな小物たちがハルさんの空間に似合っていました。
IMG_3631.jpg

こちらもはなれ古舎さんのクールでユニークな花器。お花がとてもひき立ちます。
IMG_3656.jpg

今年もハルさんのリースが美しくてステキでした〜!
IMG_3652.jpg

IMG_3659.jpg

そしてハルさんで販売中の福田利之さんのポストカード。こちらは通常も販売してますよ。
IMG_3655.jpg
福田さんのイラストと言えば、スピッツのジャケットやツアーTシャツを思い出す、スピッツファンの私。
ポストカードを選びながら、妄想して遠い世界へ行ってしまいそうです。
それにしてもすごい世界観だなぁ!

今年で4回目になる「collage」でした。
4年前、走り出したばかりの頃の私。ハルさんにはとてもとてもお世話になりました。
心がほっとする場所。花屋ハルさん。

これからも少しずつ変わりながら、新しく羽ばたいて行きたい。
今の私の心境はこんな感じ。福田さんのポストカード。
IMG_3721.jpg
新しい何かを生み出して行こう♪



posted by ゆきこ at 10:06| Comment(0) | 日記

2017年09月01日

想い描けること

先日、ふっと思い出した10年くらい前の記憶。
その時は私は全然別の仕事をパートでしていて、好きなこともできず、動けずにいました。周囲に取り残されたような気持ちで、悩み苦しんでいた日々でした。
そんな時、たまたま初めてあった演奏家の女性から「由紀子さんは(将来)どんな風になっていたいですか?」と聞かれ、絞り出すようにようやく「布で空間をいっぱいにしたいです。」と答えることができました。
その当時の私は、やりたいことを口に出すことすら、自分に許していませんでした。だから、これが初めて私が自分の想いを誰かに伝えた瞬間でした。
その女性は微笑みながら「想い描けること、イメージできることは叶いますよ。」と私に言ってくれました。

今思い返せば、私の未来の望みは「布オブジェで空間をいっぱいにする」という、随分マニアックなものなのだなぁと、それ以外なかったのかな?なんてちょっと笑ってしまいます。それは今だから。。。
そして、それは本当に叶いました。ここまで来るまで、怖くて怖くて仕方なかったけど、怖がりの私はいつの間にか、広い空間を布オブジェでいっぱいにすることができました。たくさんの、たくさんの人の手を借りて。。。

こうやって進むなかである、出会いのひとつひとつがとても尊く、そして愛おしくも感じられる日々です。
これからは何を思い描こう?とても楽しみになってきました。

先日、花屋ハルさんの庭で見つけた、こぼれ種から咲いている小さな花たち。
この白い花を見つけたときのワクワクがカタチにできたらいいのに、といつも思います。点々と咲くお花たちの咲き方はインスタレーション(空間演出)のお手本のようです。
IMG_3545.jpg

IMG_3546.jpg

秋の風をぎゅっと抱きしめたくなるような、心地よい風の吹く夏の終わり。
私はこれまで夏が終わるのが嫌いでした。
でも今年は、秋にお楽しみをひとつもうけました。
ずっと行きたいと言っていた、まだ見たことのない北の海を見に行くのです。
posted by ゆきこ at 22:02| Comment(0) | 日記