2019年02月12日

共感する事

私は昔、ほんの少しだけニューヨークで、生地をデザインする会社でインターンをしていました。
憧れの街、ニューヨークですが、私は性格的にあまり都会の生活が向いてないようです。自然が多いところをのんびり散歩したい、できれば家で制作していたい、そんな人間は都会にいてもあまり意味がないのです。
後になって気がつきました。
ところでインターン中は、人気の生地のサンプルを見せられて「この生地に似た感じのデザインを作ってください」という仕事が大半でした。デザインは全く同じでもいけないし、全然違っていてもいけない。ただ見比べた時に、やはり似てないといけない。それが流行っているのだから。
当時私は、仕事とはそんなものなのだろうと思っていました。
売れそうなものを作る、それが仕事。。。
でも当時の私は、技術の足りなさから仕事量の多さをこなせず、たとえそれらを作っても、いくら作ってもどこか虚しさを感じ、その会社を辞め日本へ帰りました。

何かを真似る事、人気のものを参考にする事、それはとてもありふれた事だと思います。
人それぞれにそこに答えを持てばいいのだと思う。

ただ最近思ったのが、何かに共感するという事は、流行のものとは全然違うという事。
何かを見て共感する時は
ある人の、純粋にその人だけが持っているもの、その人の経験から発せられるものに、共感している、そんな気がする。

強さ、弱さ、優しさ、怒り、悲しみ、喜び、すべて
今の自分、これまで生きてきた道、これからの未来
そんなものが重なり合って表現されたもの

それに出会った時に、なぜだろう?強くて熱い想いが湧き上がってくる。
共感するって
全く違う人生を生きている人の純粋な心の声を、全く違う人生を生きているのに自分の事のように感じられる時

それってすごいなぁと思うのです。
あなたがあなたであること。
わたしがわたしであること。
それがイコールになる時がある。

何だか、わたしはとても、そういうのが創りたくなりました。

いつかきっと。
IMG_6061.jpg
posted by ゆきこ at 21:32| Comment(0) | 日記

2019年02月08日

花が咲く道

ちらほらと花が咲き始めています。
IMG_6049.jpg
小さな花たちを見つけながら歩くと、なんだか気持ちがふわふわして、歩いている気がしないのです。
どこまでも行けそうな気がします。
IMG_6054.jpg


IMG_6058.jpg

よく歩く場所。
ずっと田んぼが広がっています。
IMG_6056.jpg
見上げると空が広がっています。夕焼けも美しくて、昇る月も美しい。
なんにもないけど、全部ある。
みんな知っているだろうけど、誰かに見せたくなる。そんなところ。

制作もあと少しでゴールです。私はオブジェに囲まれた不思議な空間で作業しています。
IMG_6036.jpg

まだやったことがない事をする時や、初めての場所での空間演出は緊張します。
搬入はどんな風にしようか?オブジェはこれで足りるのか?どう吊るせば上手くいくのか?
制作が終わったとしても、イベントが終わるまでは、ホッとできない。
でもワクワクもします。まだ見ぬものを見てみたい。

いつも未来は予測不可能だから、不安になる事もある。
でも、いつだって予測できなかった喜びも待っている。
だから今はしっかり前を向いて進みたい。

歩きながら、いろんな事を考えます。
花は静かに咲き、日々増えていきます。
私の考え事なんて小さなものなんだろうな、と花たちを見て思います。
posted by ゆきこ at 21:40| Comment(0) | 日記

2019年02月02日

未来のあなたへ

いろんなものを作っては、また新しく作る。
それを繰り返し、いつもゼロに戻る。
また、今ここから新しく始める。
その道が、なんだか途方もないような気がして
歩き疲れた時は
何年か先の自分を想う。
今、ここにあるこの想いが
未来の自分に届くように。
未来を創っていける力になるように。

そんな事を海を見ながら思いました。
明日は節分。
また新しい気持ちで進みたい。

IMG_5672.jpg
posted by ゆきこ at 21:06| Comment(0) | 日記