2018年03月05日

「生きる」ということ

今は分からなくても
どんなに遠回りしても
周りまわった全部が
ある日意味があることだったんだと
繋がる時が来る。

昨日は友人と谷川俊太郎さんの話をしていました。友人が持ってきた「生きる」という詩。友人がそれを選んで、これからやろうとしている事を心底応援したくなりました。
心に触れる作品と出会った時、自分の中でも何かが動き始める。私もそんなものが作りたいと思いました。

先程、別の友人から赤ちゃんが無事に生まれたと、報告をもらいました。
とてもとても嬉しい。おめでとう!
ふたりとも、私がやりたい事を助けて、叶えてくれた大切な友人です。

いろんな事が動き出す春。

この冬は体調を崩したり、車が修理からずっと戻らなかったり、イベントが決まらなかったりと、何かが停滞しているような、動けない状況だったのだけど、同じものづくりをしている友人たちと一緒に笑い会える時間に希望をもらえました。
そして今年はtohkaさんでイベントさせてもらう事になりました。その場にいたみんなが「楽しみだね」って温かい言葉をかけてくれて、なんだかとてもありがたいなぁって思いました。

それぞれが自分の心の中にある星を輝かせて生きている。
私はそんな人が集う場所が好き。

ほんとうは誰もが必ず持っている心の星。
私はずっと長い間、自分の心の声を聞かないように生きていました。それを聞いてしまったら、人とは違う生き方になってしまうのが怖かった。だけど本当は「生きる」という事は、誰一人として同じではない。

ほんのりと光るこの星が、自分の本当の声を知っている。
眩しすぎる光で見えなくなりそうになっても、いつだってここにある。
だから、立ち止まって、耳を澄ます。
そこからまた何かが始まるんだと思う。
この想いを形にしていきたい。

IMG_4502.jpg
posted by ゆきこ at 20:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。