2017年09月01日

想い描けること

先日、ふっと思い出した10年くらい前の記憶。
その時は私は全然別の仕事をパートでしていて、好きなこともできず、動けずにいました。周囲に取り残されたような気持ちで、悩み苦しんでいた日々でした。
そんな時、たまたま初めてあった演奏家の女性から「由紀子さんは(将来)どんな風になっていたいですか?」と聞かれ、絞り出すようにようやく「布で空間をいっぱいにしたいです。」と答えることができました。
その当時の私は、やりたいことを口に出すことすら、自分に許していませんでした。だから、これが初めて私が自分の想いを誰かに伝えた瞬間でした。
その女性は微笑みながら「想い描けること、イメージできることは叶いますよ。」と私に言ってくれました。

今思い返せば、私の未来の望みは「布オブジェで空間をいっぱいにする」という、随分マニアックなものなのだなぁと、それ以外なかったのかな?なんてちょっと笑ってしまいます。それは今だから。。。
そして、それは本当に叶いました。ここまで来るまで、怖くて怖くて仕方なかったけど、怖がりの私はいつの間にか、広い空間を布オブジェでいっぱいにすることができました。たくさんの、たくさんの人の手を借りて。。。

こうやって進むなかである、出会いのひとつひとつがとても尊く、そして愛おしくも感じられる日々です。
これからは何を思い描こう?とても楽しみになってきました。

先日、花屋ハルさんの庭で見つけた、こぼれ種から咲いている小さな花たち。
この白い花を見つけたときのワクワクがカタチにできたらいいのに、といつも思います。点々と咲くお花たちの咲き方はインスタレーション(空間演出)のお手本のようです。
IMG_3545.jpg

IMG_3546.jpg

秋の風をぎゅっと抱きしめたくなるような、心地よい風の吹く夏の終わり。
私はこれまで夏が終わるのが嫌いでした。
でも今年は、秋にお楽しみをひとつもうけました。
ずっと行きたいと言っていた、まだ見たことのない北の海を見に行くのです。
posted by ゆきこ at 22:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。