2019年01月07日

2019年がやってきた

気づいたら、日々が進んでいます。
今年はもう少しブログの投稿を増やしたいです!
今日は大分市で発刊している月刊誌のインタビューを受けました。
自分のことを伝えるのに、人生をいろいろ振り返ってみましたが、人生の分岐点はいくつかあって、私が大きく変わったのは、本当に自分が闇の中にいるように感じていた時だったと思います。

闇から抜け出すためにはどうしたらいいのか?
それは、自分のあかりを灯すこと。

そのあかりを灯し続ければ、おのずと道は続いていくんじゃないかな?
道に迷いそうになるたびに、それを思い出して、その先を自分で見に行きたいと思っています。

そういえば、年末から「闇」について友人と語る機会が多いです。
私は今、作品で闇の世界を創っています。
今まではなんとなく光の世界を創っていたような気がします。
今度は闇を創る順番がまわってきたのだと感じています。

昨年、歌手の松田美緒さんの大分の歌を探す旅に少しだけ同行させていただきました。
そこで私の住む街、臼杵市に残る、隠れキリシタン墓地なども巡りました。
ちょっとした民家の裏山に穴があって、そこがキリシタンの礼拝堂になっていたり、竹林の暗がりに大きなお墓があったり…。いつも何気なく通っていた道沿いに、キリシタンが祈りを捧げるためのクルスが掘られた岩が隠されていたり…。知らなかったことばかりで驚きました。

私は特に何かを信仰しているわけではないので、ずっとそのことについて腑に落ちないことがありました。
人々は救いを求めているのに、どうして苦しみを背負ってまで、命の危険を覚悟で信仰を守り続けるのか?
教科書では教えてくれなかったこと。

人々はその信仰のなかに、自分が求めていた自分の本当の姿を見出していたのかもしれないな、と…。
それはもしかしたら、闇のなかの灯りのようなものかもしれない、と私なりに感じています。
どの時代でも、人は自分の生きる道を求めている。
私はそんな人が生きる話をもっと知りたいな。

2月23日(土)は大分市ホルトホールにてクレオール・ニッポンの旅 松田美緒さんのコンサートの舞台美術をさせていただきます。ぜひ、いらしてください。詳細

私の個展は3月28日(木)別府市のステキな雑貨店、pocheさんで始まります。
他にも東京など新しい場所での展示も予定していますので、お知らせしていきますね。

今年もどうぞよろしくお願いします!

IMG_5973.jpg
posted by ゆきこ at 21:00| Comment(0) | 日記