2018年05月14日

大切なもの

「大切なもの」ほどすぐになくなってしまうと思い込んでいた昔。
でも最近は、「大切なもの」ほどなくならない、ずっと側にある気がしている。
見えなくても、さわれなくても。

そんなことをフッと想う、5月。
一番好きな季節です。
新緑も風も、全部が元気をくれるようです。
IMG_4691.jpg

10年くらい前、私は東京のコンペ形式の展示会に出展したことがあります。いろんなジャンルのアーティストが集まって展示をするコンペだったのでお祭りのようで楽しい雰囲気でした。その時はとても賞が取りたかった。賞があればアーティストとして認められるような気がしていました。
でも一等を受賞したのはドローイングの作品でした。私は布の作品を作っていたので、なんとなく納得できませんでした。何かのチャンスを逃してしまったようで、泣きそうな気持ちになりながら、大分に戻ってきた時の事を覚えています。

今は、どういう訳かすっかりコンペに興味を無くしてしまった自分がここにいます。
誰かに認められるために作品を作るより、自分の作りたいものを作る方が楽しい。
作品がもはやアートと呼ばれなくてもいい。
むしろ、アートっぽさもいらない。
でも私はこの考え方がアートだと思っている。

そんなちょっとひねくれ者ですが、
何かを届けたくて、作っています。
IMG_4795.jpg

自由に自由に飛べるものを
それぞれの心を乗せて飛べるものを
IMG_4764.jpg

26日(土)のピアニスト重松壮一郎さんとのコラボ、ぜひいらしてください。
大好きなtohkaさんで空間演出します。
重松さんの音と共に創る時間、私の好きな時間です。

詳細
http://www.livingthings.org/schedule/2018/180526_tohka.html
posted by ゆきこ at 23:25| Comment(0) | 日記